JAPANESE SHORT TERM COURCE日本語別科

APPLICATION REQUIREMENTS 2018年10月入学、2019年4月入学 募集要項

募集コースと定員

1年6か月コース(10月入学):40名

2年コース(4月入学):40名

願書受付期間

1年6か月コース(10月入学):2018年4月2日~6月1日(予定)

2年コース(4月入学):2018年10月1日~11月30日(予定)

※留学ビザの申請が不要の方の出願はご相談ください。

3入学資格

出願時点において以下の項目を全て満たしていること。

  • (1)正規の学校教育における12年以上の課程を修了し、入学時点で満18歳以上の方。
    申請時に高等学校を卒業していない方は、出願できません。
    ※最終学歴校を卒業して概ね5年未満であることが望ましい。
  • (2)日本語学習歴(日本語教育機関で150時間以上)があり、
    日本語能力試験N5以上、実用日本語検定(J.TEST)F級以上、
    日本語NAT-TEST5級以上のいずれかを取得していること。
  • (3)自動車や二輪自動車に強い興味があり、将来自動車整備士になる希望を持っている者。
  • (4)日本在住の身元保証人(本校に対する保証人)がいること。
    ※日本に該当者がいない場合は、本国の経費支弁者等でも可。

4学生納付金

コース名 修業期間 選考料 入学金 授業料 その他の納付金

進学1年6か月
コース

1年6か月 20,000円 60,000円 年額 648,000円
総額 972,000円
教材費15,000円
課外活動費15,000円
保険料15,000円
1,106,000円

進学2年コース

2年 20,000円 60,000円 年額 648,000円
総額 1,296,000円
教材費15,000円
課外活動費20,000円
保険料32,000円
1,448,000円

5納入方法

本校事務局へ直接お持ちいただくか、銀行振込にて納入してください。

6納入期日

選考料
  • 本校に入学願書を提出する際、納入してください。(事前調査書提出時には不要)
入学金、一年次授業料、その他納付金
  • (1)本校の指定日(在留資格認定証交付後、約2週間以内)に納入してください。
  • (2)納入を確認次第、「入学許可書」と「在留資格認定証」を送付します。
  • (3)「入学許可書」「在留資格認定証」「パスポート」その他必要書類を
    在外日本公館(領事館)に提出し、「留学ビザ」発給の申請をしてください。
納入に関する注意事項
  • (1)原則として一年分一括でお支払いください。
  • (2)指定日までに納入がない場合、入学許可を取り消すことがあります。
返金について
  • 以下の場合を除き、納入金の返金は一切いたしません。
  • ①在外公館にて入国査証(ビザ)の申請が認められなかった場合(発給拒否)
    「入学許可書」「在留資格認定証」の返還と、入国査証が発給されなかったことが証明できる書類が提出された場合、選考料・銀行手数料を除く納入金を返金いたします。
  • ②本人の理由により、入学を辞退する場合
    「在留資格認定証明書」と「入学許可証明書」の返還があった場合、
    選考料・入学金・銀行手数料を除く納入金を返金いたします。

7授業スケジュール(スケジュールは、変更になることがあります。)

月曜日~金曜日:週24時限、年間900時限(土曜日・日曜日・祝祭日及び本校が定めた日は休みです)

1時限 2時限 3時限 4時限 5時限

開始時刻

9:00 9:45 10:40 11:25 12:15

終了時刻

9:45 10:30 11:25 12:10 13:00

8カリキュラム

初級クラス

みんなの日本語
初級Ⅰ、Ⅱ

読み、書き、聞き、話すこと通して、基本的な日本語文型と日常的コミュニケーション能力を総合的に習得します。漢字250字程度、語彙2,000語程度を習得。
中級クラス

みんなの日本語
中級Ⅰ、Ⅱ

中程度の文法・漢字・語彙を習得し、応用力を身につけます。またリスニング・プレゼンに力を入れ、会話・コミュニケーション能力を練成します。漢字600字程度、文型表現200程度を習得。日本語能力試験N3対策。
中上級クラス

テーマ別中級から
学ぶ日本語

やや高度な文型表現・文法・語彙を習得し、総合的な日本語力を身につけます。また、進学に向け、専門語彙・表現を導入した読解練習を行います。漢字1,000字、語彙6,000語程度を習得。日本語能力試験N2対策。
上級クラス

テーマ別上級から
学ぶ日本語

会話・コミュニケーション能力を鍛え、高度な日本語運用能力を養成します。また、専門分野に対する理解も深めます。漢字2,000字、語彙10,000語程度を習得。日本語能力試験N1対策。

9授業の進め方

  • 授業はすべて日本語で行います。
  • 1クラス10名までの少人数クラスで授業を行います。
  • 教科書、絵教材、CD、DVD教材などを活用して授業を行います。
  • ロールプレイ、シミュレーション、プロジェクトワーク等の教室活動を通して、
    会話・コミュニケーション能力、問題解決能力を養います。

10主な年間プログラム※( )は実施予定月。

  • 入学式・クラス編成試験・入学オリエンテーション(4月)・健康診断(5月)・卒業式(3月)
  • 校外学習(4月・10月)・日本語能力試験(7月・12月)・定期試験(6月・9月・12月・3月)
  • スピーチ大会(7月・12月) ・ クリスマス会(12月)
  • 夏休み(7月下旬~8月中旬)・秋休み(9月下旬)・冬休み(12月中旬~1月初旬)・春休み(3月中旬~4月初旬)

11アルバイト「資格外活動」について

留学生は留学の目的で来日するわけですから、日本では就労できません。
したがって、アルバイトをするためには、入国管理局で「資格外活動許可証明書」を取得する必要があります。許可を得ずにアルバイトをしたり、許可された職種であっても週28時間を超えてアルバイトをしたりした場合、また、許可されていない職種についたり、時間(週28時間以内)を超えてアルバイトをした場合、違法となり処罰の対象となります。

12出願書類

○入学志願者が提出する書類
  • (1)入学願書(本校指定様式・直筆で記入したもの)
  • (2)志望理由書(本校指定書式・直筆で記入したもの)
  • (3)最終出身学校の卒業証明書(原本)または卒業証書(原本)
    ※中国・ベトナムの方は、可能な限り、教育当局が発行した学歴認証書を提出してください。
  • (4)最終出身学校の成績証明書(原本)
  • (5)日本語能力試験N5相当以上の日本語能力を証明する書類
  • (6)戸籍またはこれに代わる証明書(中国の方は、家族全員の戸口簿写し)
  • (7)写真4枚(4cm×3cm)3か月以内に撮影した上半身・無背景のもの
  • (8)パスポートのコピー
○経費支弁者が提出する書類
  • (1)経費支弁書(支弁書・直筆で記入したもの)
  • (2)在職証明書
    ※個人経営者の場合は法人登記簿謄本、営業許可書写しなど
    ※ベトナムの企業、自営業者は、経営登録番号または納税コードの記載が必要
  • (3)納税証明書または収入証明書
    ※所得金額が記載された直近のもの
  • (4)預金残高証明書(3か月以内に発行されたもの)
    ※中国の方は、存款証明書原本と存単写し
  • (5)経費支弁者と申請人の関係を証明する書類(公証書、家族関係証明書など)
  • (6)住民票(経費支弁者が日本在住の場合のみ)
留意事項
  • 書類はすべて原本を提出してください。返却の必要な書類は申請時にその旨申し出てください。
  • 日本語、英語以外で作成されている書類には、日本語の翻訳を別紙で添付してください。
  • 上記書類は必要最低限の物であり、このほかにも在留資格認定の条件に適合していることを
    立証するための書類を提出していただく場合があります。

NEWSお知らせ

BLOGブログ

オープンキャンパス

資料請求

お問い合わせ

Facebookフェイスブック

Twitterツイッター

このサイトをシェアする

Facebook

Twitter

Google plus