オープンキャンパス

資料請求

BLOGブログ

鉄道学科の学生が表彰を受けました✨

 

「まもなく、2番線に、列車がまいります。黄色い線まで、お下がりください。」

みなさんは、このようなアナウンスに聞き覚えがありますか?

 

これは、駅構内のアナウンスです。

事前に録音された自動放送もあれば、

駅員さんや車掌さんが現場の状況に応じて行うアナウンスもあります。

 

実は、駅でアナウンスをするアルバイトもあります😉

 

ホームスタッフという、駅のホームでお客様をご案内する仕事です。

我が鉄道システム学科の一部の学生も、そのアルバイトに挑戦しています。

 

今回は、そのうちの一人の宮崎くんよりお話を聞かせていただきました。

 

IMG_0300

 

宮崎くんは、学校で学んだ知識を活かしたいという思いから、

友だちと一緒に駅アナウンスのアルバイトに応募したそうです。

 

仕事内容としては、電車の運行情報が入っているタブレットを確認しながら、

発車到着などのアナウンスをすることです。

 

実際にアナウンスしている写真もいただきました👍✨

 

S__239550472モザイク   S__239550471モザイク

 

このような青いキャップをかぶっている人がアルバイトの人だそうです。

 

ある雨の日のことです。

宮崎くんがいつも通りにホームに立って、列車が発車寸前のときでした。

 

一人の乗客の傘がドアに挟まれ、傘の先端が外に出ているのを宮崎くんが気付きました。

 

ドアが閉まらない場合、車両横の表示灯は消えない仕組みになっていますが、

傘の先端であったため表示灯が消灯してしまい、列車はそのまま出発しようとしました。

 

状況を察した宮崎くんは、すぐアナウンスで乗務員に知らせ、

電車を止めて、トラブルを未然に防ぎました。

 

IMG_0296

 

このことを評価され、表彰を受けた宮崎くん☺✨

 

S__27099140モザイク   IMG_0301モザイク

 

安全を守るという高い意識を持って取り組んだ結果ですね!本当に素晴らしい事です。
宮崎くん以外にも多くの学生がそれぞれのホームで活躍しています。

 

彼らもお客様に安心してご利用頂けるよう、日々努力しています。

 

Twitterツイッター

このサイトをシェアする

Facebook

Twitter

Google plus